社団法人 日本自閉症協会
第20回 全国大会inくまもと プログラム
印刷用PDFファイル

第一日目
7月19日(土)
第二日目
7月20日(日)
熊本市民会館
大ホール
(定員1500)
10:30-13:00
大会参加受付



13:00-14:00

14:00-16:45
大会記念講演




熊本ホテルキャッスル
18:30-20:30
熊本市民会館
大ホール
(定員1000)
9:00-12:00
分科会1

13:30-16:25
分科会2

16:30-17:00
熊本市民会館
大会議室
(定員250)
9:00-12:00
分科会3
★満員御礼

13:30-16:15
分科会4
★満員御礼
熊本市国際交流会館
大広間
(定員20)
9:00-13:00
きょうだい児プログラム
「ドナルド・マイヤー氏によるワークショップ」

(9:00-15:00
 訓練生の見学・研修)
★見学については満員御礼
熊本市国際交流会館
大ホール
(定員220)
9:00-12:00
研修会A

13:30-16:10
研修会B
★満員御礼
12:30-13:00
本人・きょうだい預かり受付
分科会・研修会受付は開会の15分前より
8:20-8:50 本人・きょうだい預かり受付
講師の都合上、変更もあります。(講師:敬称略)

2008/05/31:きょうだい児プログラムの開始及び終了時間が1時間早くなりました。
2008/06/07:交流会の終了予定時間が21:00から20:30に変更になりました。
2008/06/27:
★満員御礼の付いている分科会、研修会の申し込みは定員数に達しました。多数のお申し込みありがとうございました。
なお、大会参加、記念講演、分科会1,2、きょうだい児プログラム・本人参加、研修会A、交流会、きょうだい児さん向け一泊旅行については参加可能です。お問い合わせは下記まで御願いいたします。
090-3987-0028 (個人携帯ですので、時間帯にはご配慮御願い致します)


開会式

7月19日(土) 13:00~14:00
主催者挨拶
大会スローガン披露
来賓紹介・祝辞 ほか


大会記念講演
PAGE TOP

7月19日(土) 14:00~16:45
「きょうだいの思いと支援」
講師:ドナルド・マイヤー

講師プロフィール:米国きょうだい支援プロジェクトディレクター。障害児・病児のきょうだいのためのプログラムである 「Sib shops シブショップ」を作ったことで、最も知られる。また、マイヤー氏はワシントン大学の拡大家族支援プロジェクト(障害児・病児 の父親、きょうだい、祖父母のための先駆的サービス)の創設者でもある。(休憩時間にサプライズイベントを予定)


交流会

7月19日(土) 18:30~20:30
<熊本ホテルキャッスル>
(セレモニーは19:00開始)
*セレモニー開始まで飲み物を飲みながらお待ちいただけます。

大会記念講演終了後、熊本ホテルキャッスルへ移動します。(徒歩10分)
*熊本城を眺めながらの移動となります。


分科会1

「自閉症を取り巻く人々への支援」 定員1000
<熊本市民会館 大ホール> 
7月20日(日) 9:00~12:00

座長:

市川 宏伸 (東京都梅ヶ丘病院院長)

きょうだいへの支援:川谷 正男 (小児科医)
保護者への支援:宮内 賀永子 (京都市発達相談員)
保育・教育職への支援:柘植 雅義 (兵庫教育大教授)
施設職員への支援:福岡 寿 (長野県北信圏域障害者生活支援センター所長)
医療職への支援:市川 宏伸 (東京都梅ヶ丘病院院長)


分科会2

「新時代の啓発」 定員1000
<熊本市民会館 大ホール> 
7月20日(日) 13:30~16:25

座長:

野沢 和弘 (毎日新聞社)

報道:神戸 金史 (RKB毎日放送)
政治:福島 豊 (衆議院議員)
法曹:辻川 圭乃 (弁護士)
防災:福田 和臣 (知的障害者更生施設 愛心園園長)
行政等:野沢 和弘 (毎日新聞社)

*終了後 引き続いて 閉会式になります


分科会3

「自閉症へのアプローチについて各立場での現状と課題」 定員250
<熊本市民会館 大会議室> 
7月20日(日) 9:00~12:00

座長:

齊藤 真善 (北海道教育大学札幌校准教授)

TEACCH:田中 恭子 (児童精神科医)
動作法:清水 良三 (明治学院大学教授)
行動分析:井上 雅彦 (鳥取大学教授)
感覚統合:日田 勝子 (国際医療福祉大学)
心理劇:高原 朗子 (熊本大学准教授)


分科会4

「当事者に何が必要か」 定員250
<熊本市民会館 大会議室> 
7月20日(日) 13:30~16:15

座長:明石 洋子(あおぞら共生会副理事長)
伊丹 英徳 (NPO法人岡山県自閉症協会 理事長)

知的障害を伴わない当事者とその支援者:
(当事者 高野 善郎 中央大学法学部(通教生)、福祉用具専門相談員)
(支援者 岡田 優子 熊本県菊池圏域療育相談員)

知的障害を伴う当事者とその支援者:
(当事者 明石徹之 川崎市職員)
(支援者 小材 由美子 埼玉県自閉症協会会長)

芸術を介して活動する当事者とその支援者:
(当事者 伊丹宏太郎 漫画家アシスタント)
(支援者 田野智子 NPO法人ハートアートおかやま代表)

*終了後 大ホールへ移動


きょうだい児プログラム

「ドナルド・マイヤー氏によるワークショップ」 定員20
<熊本市国際交流会館 大広間> 
7月20日(日) 9:00~13:00
(9:00-15:00 訓練生の見学・研修)

研修会A

「幼児期の気づきと家族への告知」 定員220
<熊本市国際交流会館 大ホール> 
7月20日(日) 9:00~12:00
講師: 早川 星朗 (東海市民病院・小児科医)

幼稚園・保育園の職員、保健師など向け


研修会B

「学校の先生のための発達障害講座」 定員220
<熊本市国際交流会館 大ホール> 
7月20日(日) 13:30~16:10
講師: 岩永 竜一郎 (長崎大学医学部准教授)

*終了後 熊本市民会館大ホールへ移動
注) 熊本市民会館と熊本市国際交流会館は、道をはさんで向い側ですので、移動は容易です


閉会式

7月20日(日) 16:30~17:00
次期開催地紹介
主催者挨拶
閉会