お問い合わせ
前の記事   次の記事
イベント・講演会 / 2011.10.25 17:12:46掲載
12月11日 「重度自閉症児者への支援 ~将来を見据えて、”今”を考える~」講演会のお知らせ
 知的障がいを伴ういわゆる重度の自閉症児の親御さんたちは、早い(幼い)段階から子の発達の遅れに気付くため、療育にも比較的早期に取り組んでいる一方で、目の前の対応(身辺自立やパニック対応など)にず~っと追われっ放しになっていて、なかなか、将来(成年期以降)を見通すことに慣れていない方が多いのではないでしょうか。
 重度対象の講演会や研修会も、様々な療育方法の説明や、日常のスキルを身につけるための具体的な指導方法の講習などが多いように感じます。

 親御さんのニーズを考えると致し方ないとも思いますが、地域のなかで、その子にとって素晴らしい人生を生き抜いていくために、本人や親きょうだいだけでなく、学校、行政、支援機関、施設、そして地域全体が、何を、どう考え、どう行動していかなければならないか、そういった大きな(高い)視点から、徐々に身近なことに下りていって意見を交わすことで、重度の子を持つ親御さんたちにも、これまでにない新しい発見が生まれるのではないでしょうか。

 このたび熊本県自閉症協会では、第二城南学園の甲斐正法園長をお招きして、「重度自閉症児者への支援~将来を見据えて、“今”を考える~」と題した講演会を、下記のとおり開催することになりました。
 重度自閉症児者にとって必要な支援について、これからの行政施策の取り組みを元に、学校現場や入・通所施設、地域での暮らし等がどう変わっていくのかという視点に立って、具体的事例を踏まえた講演をしていただく予定です。

 なお、当日は会場である「くまもと県民交流館パレア」が毎年開催する「パレアdeぱれあ」というイベント日のため、参加費はどなたも無料となります。また、当協会の講演会のあとには同じパレアホールにて、7月1日に制定された「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例」についてのフォーラム(主催:障害者差別禁止条例をつくる会)も開催されますので、あわせてご案内いたします。

 重度のお子様をお持ちの親御さんをはじめ、一人でも多くの方々に参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

日 時 : 平成23年12月11日(日)10:30~12:30(受付10:00~)

場 所 : くまもと県民交流館パレア10階 パレアホール
         熊本市手取本町8-9テトリアくまもとビル(鶴屋百貨店東館10階)

内 容 : 講演「重度自閉症児者への支援 ~将来を見据えて、“今”を考える~」          
講 師 : 社会福祉法人慶信会 第二城南学園 園長  甲斐 正法氏

参加費 : 無料

定 員 : 300名(定員になり次第締め切り/定員オーバーした方にのみ連絡します)

申込み : メール:autism.kumamoto@gmail.com または FAX:096-214-8355
      (氏名、および日常つながる連絡先を明記願います/複数での申込みも可)

問合せ : FAX:096-214-8355 または
協会ホームページお問合せフォーム (http://autism-kumamoto.stepserver.jp)まで