お問い合わせ
前の記事   次の記事
イベント・講演会 / 2013.08.29 16:02:46掲載
「辻井正次先生の講演会」を10月26日に実施します。
熊本県自閉症協会では、今年度の主催講演会として、以下を計画しています。協会会報誌「ひろっぱ」でも7月より案内をしており、既に多くの方の申し込みを頂いております。参加希望の方は、早めの申し込みをお願いします。


講 演 「発達障害の基本的理解と支援の方向性ー自閉症スペクトラム障害を中心に」

日 時  2013年10月26日(土)
        13:30~16:00 (受付 13:0012:30より
場 所  東海大学 熊本キャンパス 2号館 大教室
      熊本市東区渡鹿9-1-1 (JR 豊肥線 東海学園前駅のすぐ前です)
      会場は4 階で、エレベーターがなくスロープで移動することになります。ご了承ください
       150台の駐車場がありますが、オーバーした場合に近隣に利用できるコインパーキングがありません。
      できるだけ公共交通機関をご利用ください。
      また、駐車場を利用される場合、混み合う恐れがありますので、早めの来場をお願いします。
講 師  辻井 正次 氏
      中京大学現代社会学部教授、臨床心理士
      浜松医科大学こどものこころの発達研究センター客員教授
      NPO 法人アスペ・エルデの会理事長・統括ディレクター
      日本小児精神神経学会理事、日本発達障害学会評議員
      『広汎性発達障害の子どもたち』(ブレーン出版)など著書多数
会 費  熊本県自閉症協会正会員/賛助会員:無料 
     会員以外:500円(資料代として)
定 員  300名
申込方法 ①氏名、②住所、③電話番号、④連絡先、⑤協会会員/会員外、⑥所属を記入の上、
     FAXまたはE-Mail にてお申し込みください。
       FAX:096-300-3015
       E-Mail: autism.kumamoto@gmail.com
     事前の申込が必要です。
     問い合わせは090-7156-5774(協会事務局)まで。


 自閉症、発達障害の思春期は、大きな問題を抱えています。人との違いを意識する時期であったり、苦手なことを欠点と思うようになったり、一度に複数の作業をやりこなすことが苦手で混乱に陥るなど数多くの課題に直面しています。そのような状況のなか、本人だけでなく家族や教師も心を痛めているのが現状です。
 今回、発達障害支援研究の第一人者である中京大学の辻井正次先生をお招きし、自閉症スペクトラム障害を中心に発達障害の基本的な理解と支援の方向性を探るとともに、思春期以降の問題についてご講演頂く予定です。二次障害、三次障害を引き起こす原因になり得る大事な時期の適切な対応と支援について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。