お問い合わせ
前の記事   次の記事
ライブラリー / 2018.01.05 21:22:21掲載
熊本県障がい者計画中間見直し(案)に関する意見募集(パブリックコメント)について
県では、障がいのある人のための施策に関する基本的な計画である「第5期熊本県障がい者計画」に基づき、障がい者施策を推進しています。この計画は平成27年度から32年度までの6年間を計画期間としてあり、今年度は、計画がはじまって3年目となります。

 この計画の策定以降、平成28年4月には熊本地震が発生し、災害時における障がいのある方々への支援について様々な課題が明らかになりました。また、同年7月には相模原市の障害者支援施設における事件が発生し、社会福祉施設等における入所者等の安全と安心の確保についても支援が求められています。

 加えて、国においては、平成30年度から障害者総合支援法、障害者雇用促進法、児童福祉法等の改正法が施行されるなど、ここ数年で障がいのある方々を取り巻く環境は大きく変化しています。

 これらの動きを踏まえ、熊本県では平成30年3月までにこの計画の中間見直しを行うこととしています。

 これまでに、自閉症協会を含む障がい当事者・家族団体との意見交換会によるニーズ把握のほか、障がい当事者や学識経験者等が参画する熊本県障害者施策推進審議会において検討を重ね、このたび中間見直しの案が作成されました。

 そこで県では、平成29年12月27日~平成30年1月26日までの間、パブリック・コメントを実施していますので、お知らせします。

詳しくは、熊本県ホームページhttps://www.pref.kumamoto.jp/kiji_21845.htmlをご覧ください。

この機会に、皆さんの声をどんどん挙げていきましょう。